Statement of Veterans for Peace, Ryukyu/Okinawa (VFP ROC) and VFP Ryukyu Working Group on the May, 2016 Crime Committed Against an Okinawan Woman in Uruma City

6/11/2016

平和を求める元軍人の会 琉球・沖縄 国際チャプター(VFP-ROC)および米

VFP リュウキュウ・ワーキング・グループ(VFP-RWG)による2016年5月う

るま市で発生した沖縄県民女性に対する犯罪に関する声明

Condolences

弔辞

We wish to express our grief, horror, and outrage at the rape and murder of MsShimabukuro Rina, a 20- year old office worker in Uruma City, Okinawa. Among the membership of VFP ROC are US military veterans who, like the suspect in this case, live in Okinawa. We feel shamed that a person who is in some sense “one of us” could have committed a crime of this nature. We extend our condolences to the victim’s parents, her relatives, her friends, and the members of the community in which she lived. We also send our condolences to the suspect’s wife, mother, and child, who will face a hard future regardless of the verdict of the court.

 沖縄県うるま市で発生した、島袋里奈さんという二十歳の会社員の強姦殺

人事件に対し、深い悲しみと憎悪、憤りを表明します。VFP-ROCには、本事

件の容疑者と同じく沖縄に住む元米軍人の会員がいます。ある意味では「我

々の一人」とも言える人物が、この種の犯罪を犯したことを恥ずかしく思い

ます。被害者のご両親をはじめとするご遺族、ご友人、また被害者居住地域

の方々に対して心からのお悔やみを申し上げます。また判決に関わらず、今

後辛苦に直面する容疑者の家族の皆様のことを思うと胸が痛みます

On the statements by the US President and others

米国大統領等の発言について

Okinawa has been occupied by the US military since before President Barak Obama was born. Perhaps he imagined that his condolences and promises sounded fresh and eloquent, but they did not. The words he, and all the other US government apologizers, used have been repeated in Okinawa again and again and then again, for over 70 years. All these words are dead, killed by overuse. Every time a US official has said, “We will see to it that it won’t happen again,” it has happened again. So that’s what those words have come to mean now, in Okinawa. When a US official says, “We will see to it that it won’t happen again”, people here understand that to mean,

  1. We are not going to leave,
  2. We will not do anything very different from what we did before, and therefore
  3. It will happen again. It’s the same this time.

Obama said, “. . . we are . . . working with the Japanese government to . . . prevent these kinds of crimes from happening again”, and people thought, “Ah, it will happen again. The American President himself has said so.”

 沖縄は、バラク・オバマ大統領が生まれる前から米軍に占拠されてきまし

た。オバマ大統領は、この度表明した自身の哀悼の意と約束が新鮮で感銘を

与えるものと考えたかもしれませんが、そうではありません。オバマ大統領

やその他米政府関係者が謝罪に用いた言葉は、これまで70年間にわたり沖縄

で幾度となく繰り返され、この度またも繰り返されたものだからです。

これらのセリフは使い古されてもはや意味を持たず、死んだ言葉となってい

ます。米当局が「このような犯罪の再発防止に努める」と言う度に、犯罪が

繰り返されてきました。そのため今や沖縄では、このような言葉は逆に犯罪

の再発を意味するようになったのです。米当局が「米国はこのような犯罪の

再発防止に努める」と発言するとき、沖縄の人々は、1)米軍が沖縄から撤退

するつもりはない、2)これまでの対策から特に何も変わらない、そのため

3)犯罪は再発するとの意味だと捉えます。今回も同じです。オバマ大統領は

「米国は…日本政府と協力して…このような犯罪の再発防止に努める」と述

べ、それを聞いて沖縄県民は「ああ、また起きるに決まっている。アメリカ

の大統領自身がそう言っているじゃないか」と思うのです。

Similarly, Prime Minister Abe’s posturing and lecturing to Obama is understood as routine political performance, and entirely unpersuasive. Everyone knows that it is the political impact of the crime that troubles him the most.

 同じように、安倍首相の見せかけの態度やオバマ大統領への抗議もおきま

りの政治的パフォーマンスと解され、全く説得力がありません。安倍首相が

最も気にしているのは、今回の犯罪が及ぼす政治的影響であることは周知の

通りです。

On “training and discipline”

「教育と綱紀粛正」について

The media tell us that Japan’s Defense Secretary Nakatani Gen asked the US military commanding officer in Okinawa, Lt. Gen. Lawrence Nicholson to “increase soldier training and discipline.” This, too, is something that is said after each incident. But “soldier training and discipline” faces a dilemma. The troops need to be trained to be both good neighbors and effective killers. To achieve this, training is carried out at two levels. The “good neighbor” training manuals contain lots of good advice. But if that were all there was to military training, the troops would not be able to fight wars.

To fight in real wars, they need the informal training not written down anywhere, but passed on by word of mouth on the drill fields and in the barracks and the barrooms – training in the cynicism that makes it possible to destroy a human life. And think: the suspect in this case had been an E-5 sergeant in the US Marines. In the Marines, E-5 sergeants are the very ones who enforce discipline and carry out this informal training. If there is any strengthening of “soldier training and discipline, who more than the E-5s will carry that out? If the present suspect turns out to be the guilty one, can we not conclude that it was the very culture of “Marine Corps training and discipline” that produced this crime?

 中谷元・防衛相がローレンス・ニコルソン在沖縄米四軍調整官に「軍人教

育と綱紀粛正の強化」を要請したことが報じられました。この言葉もまた、

事件が起きる度に使われてきたものです。しかし「軍人教育と綱紀粛正」は

ジレンマを抱えています。軍隊は良き隣人となると同時に、効果的な殺人者

となるよう教育を受ける必要があるからです。この両方の目標を達成するた

めに、二つの水準で教育が行われています。「良き隣人」訓練マニュアルに

は、優れたアドバイスが多く掲載されています。しかし軍人教育がそれだけ

では、軍隊は戦場で戦うことができません。実際の戦争で戦うためには、文

書化されていない非公式の教育が口頭で行われる必要があります。演習場や

兵舎、酒場で、人命を破壊できる人間を育てるシニシズム(無規範・冷笑主

義)教育が行われています。考えてもみてください。今回の事件の容疑者は

米海兵隊の三等軍曹(E-5)でした。海兵隊で綱紀を正し、非公式の教育を実

施する役目を担っているのは、この三等軍曹です。何らかの「軍人教育と綱

紀粛正」の強化が行われる場合、三等軍曹の他に誰が実施するのでしょうか

。もし現在の容疑者が有罪であるならば、まさにこの「海兵隊教育と綱紀粛

正」の文化こそが、今回の犯罪を生み出したと結論付けられないでしょうか

On Terror

テロについて

Terror is a tactic by which you can multiply the fear effect of the violence you do by choosing your victims at random: not, for example, only uniformed enemy troops, but “anybody”. That way everybody on the enemy side feels the fear: “I could be next.”

 テロとは、被害者を無作為に選択することで、暴力的行為の脅威を増幅す

るために用いられる手段です。軍服の敵兵等に限らず、「誰でも」被害者に

なり得るのです。この手を用いると、「次は自分かもしれない」と敵側の全

員に不安を与えることができます。

The newspapers tell us that the assailant in this case, having supplied himself with a rod, a knife and a suitcase, drove around for two hours searching for his victim. How many scores of women did he look over, and reject? “Too old.” “Too young.” “Too many people nearby.” “Jogging – she would run away.” “Not my taste.” And then, “There she is!”

 新聞によると、今回の事件の加害者は棒とナイフ、スーツケースを用意し

、2時間車を運転しながら乱暴する相手を物色していました。何名の女性を品

定めし、やり過ごしたのでしょうか。「年を取っている」、「若すぎる」、「

周りに人が多すぎる」、「ジョギングしているから、走って逃げられるかも

しれない」、「好みじゃない」。そして、「見つけた、あの女だ!」と。

Okinawan women are saying they are afraid to go out at night. That’s not an ideological position or an exaggeration, that’s fear felt for good reason: “I could be next.” Who can say there is not another car roaming around right now, carrying a rod, a knife, a suitcase, and a predator. No one can. This is what is called terror.

 沖縄の女性達は夜に外出するのが怖いと話しています。これは思想上の立

ち場や誇張などではなく、もっともな理由から来る不安です。「次は私かも

しれないー。」棒、ナイフ、スーツケース、そして強姦魔を乗せた車が、今現

在徘徊していないと誰が言えるでしょうか。誰も保証できません。これがて

ろと呼ばれるものなのです。

Of course, we understand the US is not carrying out an intentional terror campaign in Okinawa. But looked at from this side, the situation is one of terror. If the US and Japan want to carry out a campaign against terror, they need to start here.

 もちろん、米国が沖縄で意図的なテロ運動(terror campaign)を展開してい

るわけではないことは承知しています。しかしこの側面から沖縄の「状況」を

見ると、まさにテロ)のそれなのです。日米両国が反テロ運動に取り組むので

あれば、ここ沖縄から始めなければなりません

Good Neighbors

良き隣人

Good neighbors

are first of all, “neighbors”.

They live somewhere in the neighborhood.

They don’t camp in your living room without being invited

and stay there year after year.

If you give a party, and invite them,

they might come for a visit.

But when the party’s over,

Good neighbors go home.

And in Okinawa,

the party is over.

良き隣人とは、

まず「隣人」である。

近所のどこかに住んでいるのであって、

招待されない限り、あなたの居間で寝泊まりすることはない。

ましては何年も居座ることはない。

ホームパーティーに招待されれば、

立ち寄ることもあるかもしれない。

しかしお開きになれば、

良き隣人は自宅に帰る。

そして沖縄では、

パーティーはとっくに終わっているのだ。

secret